ソーシャルレンディングとは・・・
インターネット上で小口から大口まで幅広い出資者を募る方法です。

クラウドファウンディングと似た仕組みであり、投資対象として不動産から中小企業、
新興国まで幅広くなっているのが特徴です。

日本でも2008年くらいから盛んになってきており、
多数の企業がサービスを開始しており、選ぶのが難しいほどです。

 

ソーシャルレンディングを提供する会社

ソーシャルレンディングは、
インターネット上で出資を募る方法なので、現実の投資とは違う感想を持つ方が多いようです。

 

これまでの投資では一人から数人程度の企業や個人で投資先と直接取引をするのが通例でしたが、
サービスが融資先との交渉を一手に引きうけ、出資者は商品を買う感じで気軽に投資ができます。

また、10万円程度から始められる投資であり、商品の多彩さも評価されてきています。

 

サービスは日本でも多数登場してきています。
ある分野にこだわっている会社もあれば、
複数の案件をまとめたパック商品を得意とする企業もあります。

数がとても多いことから選択が難しくなっています。

サービスを選ぶ際には2つのポイントがあります。
1つは商品、2つめは規模です。

商品については自分が理解できるタイプを多く扱っているサービスを選ぶ傾向が強いですが、
単純に利益率とサービスの信頼度で選ぶ方も少なくありません。

会社の規模も重要です。
単純に規模が大きくても扱っている商品が大口向けであることも少なくないからです。
そのため、扱い商品と規模をしっかりチェックしておきたいところです。

 

おすすめの会社と理由

ソーシャルレンディングをサービスする多くの企業のうち、
おすすめは「みんなのクレジット」です。

 

他社との違いはいくつかあります。
1つめは各種手数料が0円だということです。

サービスを利用するには一般的に幾つかの段階があり、それぞれ手数料がかかります。

このサービスを利用する場合は、
入金の際の振込手数料以外は無料となっているのが特徴です。

口座を維持する手数料も、利益が確定した際の手数料、商品を契約する際の手数料など、
投資のための手数料が非常に高いサービスも比較的多いのです。

しかし、この会社は手数料が無料となっているので
商品を多数契約しても手数料を気にする必要がありません。

 

2つ目は運用期間を選べることです。
投資は期間が決まっています。
そのため、一度投資したら期間内は融資先が一括返済する以外は解約ができないのです。

しかし、運用期間をさまざまなパターンで用意しているので、
短期で回収したいという方にも人気があるサービスを用意しています。

投資を失敗しないためには小口であったとしても
自由度が高いサービスを選んでおく必要があります。

 

みんなのクレジットを利用してみた評判

インターネット上で出資を募る方法なので、多くの実体験が口コミとして書かれています。

ブログ、Facebook、2chなど幅広いメディアでそれぞれの会社の評判が書かれていますが、
みんなのクレジットについては特に増えてきているのが特徴です。

ソーシャルレンディングのサービスの選び方は人によってかなりの差がありますが、
この企業の場合は商品の良さで評価されてきているようです。

商品は企業ごとに特徴があります。

 

そのため、サービスの選び方としてとても重要なポイントです。
このサービスの商品の多くは不動産案件が多いです。

不動産案件は小口投資家では相手ができない案件でしたが、
ソーシャルレンディングを利用することで気軽に参加できるようになりました。

サービスの選び方でも不動作投資ができることを上げる方が増えています。

このサービスの不動産はすべて担保が設定されているのもポイントです。
リスクを減らすために担保はとても重要です。

 

担保物件は設定が難しいケースも多いですが、投資のリスクを減らすために
しっかりと準備していることもこのサービスの高評価の要因となっています。

⇒ 『みんなのクレジット』の詳しい説明はコチラ