ソーシャルレンディングは知る人ぞ知る投資方法として注目されてきていますが、
実際に運用した方の口コミなどもまだまだ少なく、情報が少ない投資方法として
皆さん情報を探しているようです。

情報が少ない理由の一つは順調だからです。波が少ない投資方法なので
なかなか書けないということもあり、2chなど一部のサイトに載る程度になっています。

ソーシャルレンディングの情報とは

ソーシャルレンディングで必要なことはじっくりと情報を読むことです。

情報を読まなくてはならないのはどの投資でも同じですが、ソーシャルレンディングの場合は
サービス会社の情報に加えて各事業ごとの条件をしっかり確認しなくてはならないからです。

もちろん、情報が少ない場合もあるのですが、その場合は2chなどの掲示板の情報を得ながら、
物件を確認していくことになります。

少額から投資できる手法であることから、複数人の情報が集まりやすいと考えがちですが、
意外とブログ等に書いてくれる方は少ないものです。

理由としては不動産投資などが多い『みんなのクレジット』などのように、
情報が洗練されていてあまり悩むことなく投資ができること。

また、同じような案件が少ないこともあって、
まとめている間に埋まってしまうことも多いからです。

投資物件は期間が設けられますが、一般的にいい物件ほどすぐに埋まるので、
見つけたらそのまま投資するという方も少なくありません。

投資に時間をかけないのは危険でもありますが、
安全性の高さも魅力の一つだからこそ投資を急ぐ方が多いです。

ソーシャルレンディングの安全性

投資に100%はありません。もちろん元本保証されている場合は100%以上なのですが、
投資の多くは元本保証をせずに投資額が比較的高いものが多いです。

ソーシャルレンディングでも元本保証をしない方が多いのですが、
『みんなのクレジット』のように不動産取引を中心にすることで、
安全性を高めている投資会社もあります。
不動産投資が安全な理由としては実績を確認しやすいことにあります。

不動産投資の場合は近くなら見に行けばいいですし、
『みんなのクレジット』の場合はこれまでの実績が公開されていますし、
元本割れを起こしたことがない投資会社としても有名です。
インターネット上でも話題になることが多い投資会社の一つでもあります。

もちろん、安全性が高いから利回りが悪いということもありません。
しっかりした投資手法を持っているからこそ、
高い利回りと数多くの不動産投資物件を提案しています。

不動産投資以外に海外物件も扱うこともありますが、
国内外で安全性はかなり変わってくるので、
物件ごとにしっかり調査してから投資をしたいものです。

情報が少ないときにすること

投資をする際には勘で出資する方もいますが、多くは情報を調べようとします。
特に新しい投資方法であったり、投資会社に出資する場合は、
インターネットでしっかり調べる方も多いです。

その際、注意したいのが悪い投資体験ばかりみないことです。
インターネットの情報はすべてが正しいとは限りません。
重要なことは自分にあった体験を探すことです。

これから投資したい会社の情報と、実際に投資した結果を、
まとめているブログなどが重要になります。
その際、利回り等もまとめてくれているとなお良いです。

特にインターネット上で広く集金をする投資方法ですから、
よくも悪いくも情報が集まりやすいです。

安全性の低いものから元本保証される物件まで、数多くの投資商品が集まりますので
よく調べておきたいところです。

もし、情報が少ないときには短期で少額投資を分散させておくことも重要です。

1ヶ月単位、10万円ほどからスタートできる場合が多くなっていますので、
まずはどのようなものなのか試し、
また、投資会社のシステムにも慣れる意味でも重要な方法です。