ソーシャルレンディングはインターネット上で広く投資家を募る投資手法ですが、
利回りが良いことや長期案件、短期案件にも柔軟に対応できる投資方法でもあり,
人気が出ています。

ただし、利回りがよいこともあって確定申告が必須となるケースが多く、
場合によっては複式簿記で記載を残さなくてはならないほど
稼げる手法としても注目されてきています。

ソーシャルレンディングと複式簿記について

確定申告の場合、白色で申告するなら複式簿記は必要ないのですが、
青色申告したくなるほど利益が出る方が多くなったのがソーシャルレンディングです。

投資に確実はありませんが、多くの方が利回りがよい投資方法として注目してきています。

インターネットが絡むと怪しく見えるという方も多いのですが、
厳しい目を向けられる投資方法であるからこそ、
さまざまな方にチェックを受け鍛えられています。

利回りが多くなるので面倒ですが、複式簿記を付けて青色申告したほうが
税制対策になるという方が多いです。

サラリーマンでも手軽に投資できる案件ですが、利回りは多くなりますので、
面倒でも確定申告をしなくてはならない場合も多いです。

2chなどでは 確定申告をすると会社にバレると思われがちですが、
問題となる方は少ないです。

もちろん、稼ぎが給料よりも多くなれば話は変わってきますが、
その場合も税理士などに相談すれば解決することが多いです。

複式簿記は面倒ではありますが、慣れればそれほど苦にならないという方も多いですし、
安く使える会計ソフトも多いので利用する方が増えています。

ソーシャルレンディングが稼げる仕組み

インターネット上でお金を募る方法としてはクラウドファンディングがありますが、
ソーシャルレンディングも同様の方式です。

違うのは出資した対価はお金で得られるということ、
借り主がお金を返した際に利回りが発生するということです。

クラウドファンディングの場合は事業が成功しないと物やサービスが得られません。
対してソーシャルレンディングの場合は返済から利回りが出るので短期での投資も可能です。

投資会社の多くが1ヶ月単位での投資に対応しているのでお試しで投資する方も多くなっています。
また、短期で投資しても長期で投資しても利回りが変わらないのも利点となっています。

一般的な投資では長期投資や多額の投資は利回りがよくなることが多いですが、
そのようなことはなく、一律で利回りが決まっているのが特徴です。

インターネットで広く募るために考え出された方法であり、また、
社会的に必要な事業に投資するために考え出されたこともあって、
投資者ごとに有利不利を与えないように工夫された投資方法となっており、注目を集めています。

投資事業ごとの違いについて

インターネット上で広く投資家を募る方法ですが、投資対象はかなり差があります。

『みんなのクレジット』のように不動産投資を中心に事業展開している企業もあれば、
国内の中小企業の社債や借り入れを投資対象にしている企業もあります。

また、海外での事業を積極的に行うなどインターネットと同様に、
グローバル展開されているケースが多くなっています。

ただし、もともとの投資対象は社会的に重要と思われながらお金が回っていない事業ですから、
今でもそのような事業を中心に扱っている企業も多いです。

どの投資事業も根本にあるのは投資会社が得意な分野で商品化しているということです。

『みんなのクレジット』であれば、
不動産投資で元本割れを起こしたことがないほどの事業の成功率を誇っていますし、
中小企業の社債中心で利回りを多く出している企業もあります。

投資先を選ぶ際のポイントは事業を理解できるかどうかと言われています。
分かりやすく説明してくれますが、それぞれの事業はバラエティに飛んでいるので、
2chなども使ってしっかり調査して投資したいものです。