2chでも話題のソーシャルレンディングは年々拡大化して、
新しい金融ビジネスであり、気軽にトライできる投資として人気が高まっています。

運営会社がインターネットを介して、お金を借りたいボロワーと、
お金を投資する人たちを結び付ける仕組みになっていて、

ボロワーは低い金利で資金を調達することができ、
投資家は高利回りで利益を得ることができるのです。

ソーシャルレンディングの仕組み

金利がなかなかあがらない銀行預金に大事な資産をあずけたままにしておいても、
大きな利益を得ることができません。

インターネットで何でもできる時代だからこそ誕生した、
このソーシャルレンディングは、シンプルな仕組みで、
少ない資産でも運用できる新しい投資スタイルです。

まずは、投資家として登録を行います。

ホームページを通して登録を行い、あとは運営会社のシステムに従って登録作業を行い、
投資口座を開設します。

あとは投資する案件を運営会社のホームページで物色し、エントリーすると、
その案件の利回りが配当されてくるのです。

運営会社によってシステムが異なりますので、よく吟味してから口座を開設しましょう。

ちなみに『みんなのクレジット』の場合は、
投資口座の開設や投資案件の成約手数料が一切かからず、
分配金入金の振込手数料も不要で、余計な出費がありません。

どのポイントを重視するかは人それぞれですが、
さまざまな案件へのエントリーを考えている場合、わずかな手数料であっても、
塵も積もれば山となるので注意が必要です。

「早期償還」について

投資案件には、年率の利回りと運用期間、募集金額など、
その案件に関する情報が記されています。

資金を必要とする企業や事業者については、運営会社が厳しい審査や調査を行い、
財務分析なども行うなど、徹底した調査のうえファンドが組まれるわけです。

そして、万が一、返済がとどこおったりしたときの為に、担保設定がされます。

基本的にソーシャルレンディングは、国債などと違って、元本保証がされていませんが、
元本割れがでたことがないという運営会社を選ぶのも賢い投資の第一歩と言えるでしょう。

ソーシャルレンディングには、予定の運用期間よりも早く「早期償還」されることがあります。

この場合は、予定したいた運用期間よりも早く元金が戻るわけなので、
そのぶん利息を受け取ることができません。利益が減るわけです。

でも、元金が早く戻ったことで、次の投資案件にエントリーすることができます。

『みんなのクレジット』では、
再投資する場合のキャッシュバックボーナスなどのキャンペーンが随時用意されているので、
キャンペーンをうまく利用することでもらえるはずだった利息をカバーすることができます。

「早期償還」されたら

2chでも話題になっている、資金を借りている企業が予定より早い返済を行う早期償還は、
ソーシャルレンディングではよくある話です。

そうなったら、別の投資案件に乗り換えることができます。

しかし、投資口座に入れた資金を分散させて投資を行っていたり、
少額な資金が戻ってきた場合、
その資金では最低投資額に足らないという場合も出てくるでしょう。

そのときは、投資口座に戻ってきた資金をしばらく置きながら、
いいファンド案件を探すことになります。

もちろんその間は利息は付きませんので放置状態です。
資金を追加して、気になるファンド案件の最低投資額に足るようにするのもひとつです。

戻ってきた資金を引き出して、別に運用するという人もいるでしょう。

しかしその場合、運用会社によって、引き出し手数料がかかってしまい、
余計な出費をすることになってしまいます。

『みんなのクレジット』にあるような、
再投資する人を対象としたキャンペーンなどを利用して、
キャッシュバックで利益を得るのが得策です。

いずれにしても、
早期償還のその後はよく考えて損することのないようにしたいものです。