近年、インターネット上での物の売買がごく一般的になってきていますが、
ものに限らず自らのお金、資金を利用、運用し融資を行うことが、
インターネット上でも可能になり、ごく一般的になりつつあります。

そして、インターネット上で融資を行いたい側と、
受けたい側をつなげる融資仲介サービスをソーシャルレンディングといいます。

このサービスについて、様々な意見が交わされているが、
2chといわれるインターネット上のコミュニティにおいても同様に、
様々な意見が存在いたします。

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとは、先ほども述べた通り、
融資を行いたい側と受けたい側をつなげる仲介サービスであり、
その融資により利息や配当金が発生するしくみです。

融資を行いたい側にとっては、融資のためにどこかに直接出向くことなく、
自宅や外出先など場所を選ばずに行えるこのサービズは、
今の時代にも合っている
と思われます。

また、融資の金額も1万円から10万円と少額からスタートできる手軽さもあり、
投資を少額に抑えることで貸し倒れのリスクをある程度分散できる効果もあります。

また、融資を受けたい側にとっては、
広く様々な方から資金を集められるクラウドファンディングを用いることによって、
資金を迅速に集められる利点
があります。

そういった利点に目を向ける人々も増え、利用者が年々増加しており、
2014年度における市場規模は、推計約156億円となっています。

この数字は、今後も増加が見込まれ市場規模はより拡大すると予想されます。

様々な融資の案件が存在する中、融資を行う側は商品の内容は当然のことながら、
その他に何をみて融資を行うか否か決断するべきなんでしょうか。

ソーシャルレンディングで注意すべきこと

では、ソーシャルレンディングを行う際に、重要なこと、
チェックすべきポイントとはどういったことでしょうか。

このサービスは、他の融資と同様に、
融資を受けた事業者が返済できなくなるリスクを抱えております。

その結果、投資家が損失を負う場合や融資をためらう事態にもなります。
よって、融資の際には、投資案件についてどのようなリスクがあり、

リスクに対する担保はあるのか、またそのリスクに見合うだけの期待利回りがあるのか、
という点をしっかりと確認する必要があると考えられます。

そして現状、出資者が直接貸し付けることが禁止されているため、
貸し付けする事業体の業態や業況を確認することはできません。

よって、個々の貸し付けする事業体の審査については、
ソーシャルレンディングの運営会社における審査する能力が重要となってきます。

どんな運営会社が受ける側と行う側の2社をつないでおり、
その会社に安心して資金運用を任せられるのか、ということに着目すべきです。

その運営会社によっては融資をためらうことにもなるが、
逆に積極的に行うことにもつながります。

どんな運営会社を我々は選ぶべきか

様々な運営会社が存在するなか、
何に着目しどのような運営会社に資金をまかせるべきなんでしょうか。

そのひとつに最近2chでも話題になっている、
2016年4月にサービスを開始した、『みんなのクレジット』があります。

このサービスの特徴として以下の点があげられます。

まず一つ目に、
投資を開始する際の口座の開設手数料はゼロ、案件の制約手数料もゼロ
分配金入金の際の振込手数料もゼロ等、
手数料はゼロがならびストレスフリーでサービスを開始することができます。

二つ目は、融資の対象についてです。
対象となる案件は、事業性資金です。
中小企業の支援に特化したサービスであり、事業の収益性や融資先の業績、
財務状況については、厳しい審査を通った案件のみ、募集が開始されています。

そして三つ目は、
みなさんも融資をする際に一番気になる点とも思われる利回りについてです。

通常約5%が平均とされておりますが、『みんなのクレジット』においては、
最大で14.5%の高利回りが可能となっております。
この数字は他のサービスと比べてもトップクラスを誇っております。

この利回りが低ければ融資をためらう原因になりかねません。
この三点から『みんなのクレジット』は2chでも取り上げられ皆さんの支持も得られております。