日本最大手掲示板の「2ch」で、近年登場した投資システム
「ソーシャルレンディング」が話題となっています。

同じ投資でも株やFXと比べて初心者でも簡単に始められて、
ローコスト&ハイリターンを望める仕組みとは?

また、話題になっている利回りはどの程度なのでしょうか。

銀行や証券会社で投資をするよりも効率よく投資を行いたい方にお勧めの
「ソーシャルレンディング」を始めてみませんか。

初心者も始めやすいソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは、
インターネット上で小額から出資できる投資システムです。

運用期間や利回り等の条件から気に入った案件があれば、
投資金額をサイト上で決定するだけで、
後は仲介業者が融資を必要としている事業者に資金を貸し付け、
利子による利益が投資者に還元されていくシステムです。

投資先は仲介業者が選定するので、初めに自分の好みに合った、
信頼の置ける仲介業者に登録することが重要になります。
この様にシステムはとても簡単です。

相場の変動がないので日々監視する必要もなく、イニシャルコストも不要なので、
初心者の方や手持ちの資産が少ない方でも簡単に始める事が出来ます。

また、これまでの銀行や証券会社を介したサービスの利率は高くても5%程度ですが、
それよりも投資者に多く利益が還元される点も魅力です。

投資先から直接取り立てたりしないので元本割れのリスクはあるとはいっても、
株やFXなどとも違って、投資金がゼロを超えてマイナスになることはありません。

日本ではまだまだ聞き慣れないサービスですが、
低い手数料、高い利率で投資できますし、
個人投資家としては是非とも習得したいサービスと言えます。

ネット上で話題の利回りは何%?

仲介業者の評判や各社最新情報を確かめる事は、
お互いが見えないインターネット上で全てが行われている世界では必須です。

最大手掲示板の2chにはリアルタイムな情報を掴もうとする投資家が多く集まり、
登場から間もないにも関わらず各仲介業社専用のスレッドが存在しています。

投資者が集中しないように利益の高いサービスに対しネガティブな書き込みがされる等、
匿名投稿の為真の情報ばかりとは行きませんが、
現場で何が注目されているのか知る為には利用したい所です。

投資を始める上で、投資者間ではどの程度の利回りが人気なのかを把握する事が
仲介業者を決定する基準の一つ
になってきます。

現在、2chで話題になっているのは大体5.0%~10.0%の案件が中心です。
リスク回避の為、業界の中でも老舗大手であったり、
証券や銀行関係の子会社の仲介業者が多く選ばれています。

しかし、投資者数の集中している仲介業者側は、
大枚をはたいてボーナスキャンペーン等で人を集める必要もなく、
より業界の信用を得るために安定した低金利の案件ばかりを出すことになります。

その為旨味を感じられなくなった投資家が、より高い利率の仲介会社へ登録して
資金の一部を回し、現在名の知れた高利回り業者の案件は
すぐに申込みからあぶれてしまう状況にあります。

今が狙い目の『みんなのクレジット』

そこで狙い目の仲介業者は、新進気鋭の『みんなのクレジット』です。
2chではみんクレと呼ばれています。

2015年と設立して間もないにも関わらず、成立ローンの総額は既に10億円を突破し、
業界最速の成長率を見せています。

利率を高く設定できる中小企業支援に特化する事で、
5%~最大14.5%という業界トップクラスの利率を実現しています。

更に、分配金とは別に満額成立や高額投資、
複数同時投資等の条件達成時にお得なキャッシュバックが行われて好評を得ています。

2chでも注目を浴びているものの好条件すぎて投資を迷う書き込みが多く見られますが、
これまで元本割れはいまだ0件のまま多くの案件を完済済みで、
賭けに出た人だけがマル得をして報告の書き込みをしている状態です。

案件は全て不動産担保付きのローンファンドなので、
今後万が一の事があっても補填する事が出来るので安心です。

運用期間は1か月~36か月と幅広く、出資額は10万円からとなっています。

最近は1万円程度の低額な投資サービスも多い中高めの設定額ですが、
高利回りなので分配金は更に大きくなります。

資金を手早く増やしたい初心者の方に
『みんなのクレジット』はお勧めの会社といえます。