投資をしたいけど大きな資金があるわけではなく、
大きなリスクがこわいと感じる人が手を出しやすいのがソーシャルレンディングです。
ソーシャルレンディングは一口数万円からの投資ができ、インターネットを通して
資金を必要とする組織に投資をする仕組みで、募集しているプロジェクトの中から自分で選び、
最低投資額をクリアしていれば投資ができるのです。

しかし、2chでも議論がされているリスクのひとつが「為替リスク」です。
海外情勢で大きく変動する為替が大きく影響するのです。

ソーシャルレンディングはどの会社に口座をもつのかが大切

ソーシャルレンディングの仕組みは、投資の初心者にとてもわかりやすいのと、
少ない資金で投資が始められるということ、そして何よりも利回りが比較的高い仕組みなのが特徴です。
もちろん投資先によっても異なりますが、預貯金よりもかなり高利回りなので、
比較的早くメリットを感じる人が少なくないでしょう。

ソーシャルレンディングには投資期間が短期な商品も多いので、
投資の楽しさを感じやすいといえるでしょう。
利息が毎月分配されるという仕組みの商品もあるので、
毎月ある程度の投資結果を得ることができるというのは、
その先にソーシャルレンディングで投資を続けるメリットを感じるには容易いです。

デメリットとして、元本保証がないというリスクはありますが、
不動産や保証人など、リスク回避を設けている運営会社を選ぶことで、
リスク軽減をはかることができるでしょう。

例えば、『みんなのクレジット』の場合は、全案件に不動産担保や
事業の代表者が保証についているので、投資資金の安全性も高いですし、
もしも何かあったときのリスクを考え、どのソーシャルレンディング会社を
選ぶのかはとても重要といえます。

配当時の引き出し等、さまざま手数料の有無も長い目でみると大きな額になりますし、
毎月の分配の有無も投資している楽しさを実感できるか否かに影響します。
個人で少額から投資をしてみたいと考えている人は、2chや口コミ、個人ブログなどで
実際に投資を行っている人達の意見や感想を参考にするのをおすすすめします。

リスク軽減を考えて投資を行う

ソーシャルレンディングを運営する会社に口座を持ち、
投資をスタートさせる場合、不動産関連の案件に投資をするのか、
それとも中小企業の事業資金への投資にするのか、案件選びに頭を悩ませるでしょう。

ソーシャルレンディングを利用している投資家は、利回りのよさをとるのか、
それともその案件の将来性にかけてみるのか等、投資スタイルはさまざまです。
不動産案件は利回りが高く、その不動産が担保になっていることも多いので、リスクの軽減が期待できます。

しかし、海外の不動産の場合は、為替リスクがともないます。
不動産だけでなく、海外の商品に投資する場合は、
その案件の成功に関して為替の変動が大きく関係してきますので、
そのあたりも考慮する必要があります。

突然、為替の変動が起こった場合に、大きな損益がないともいえません。
しかし、その逆、為替によって利益が増すこともあります。
それが投資の楽しさでもあるといえるでしょう。

みんなのクレジット』は、中小企業の事業支援、事業資金への
支援に特化していて、すべての案件に担保が設定されています。

そして、資金を必要としている案件の企業の代表者が連帯保証人となっているので、
運用がうまくいかなかった場合も、補てんすることができます。

リスク軽減ができる案件を選ぶのもいいですが、リスク軽減が最初から考えられている仕組みの
運営会社に口座を持つことで、余計な心配をすることがなく、
なるべくストレスが少ない状況で投資を楽しむことができるでしょう。

為替リスクを違う視点で捉えてみる

ソーシャルレンディングの為替リスクは、2chでも話題になっていますが、
海外系の事業に関して投資した場合に起こる可能性があるものなので、
どうしても回避したい人や、為替に翻弄されたくないと考えるのであれば、
最初から海外案件を選ばないようにすれば回避することができます。

例えば、円をドルに換えて投資を行い、ファンドが成立して、運用がスタートします。
投資をスタートさせたときの1ドルの価格が返済タイミングで、
円高になっていると返金額がマイナスになるのです。
もちろん、その逆で、市場が円安になった場合は、返金額がプラスになっていることもあります。

為替についてある程度の知識や、情勢について知識ある人で
その為替変動をねらって投資する人もいます。
海外の商品に投資を行うのであれば、ある程度の為替変動に関しての
知識を持ったうえで投資をすると、プラスを楽しむことができるでしょう。

リスクが少ないほうがいいと考える人が少なくありませんが、中には、
今後成長が期待できる発展途上国にあえて投資をする人もいます。
上がったな、下がったな、と一喜一憂というよりもその状況を観察していくという人もいます。
少額の投資で、自分の投資した国の発展の様子を見ていくのもいいでしょう。

2chなどで為替リスクについての情報を入手しながら、学ぶのも楽しいでしょう。

ビギナーズラック?や運による利益もありますが、自分の学んだ知識で投資を楽しむとその醍醐味はかなりのものでしょう。