銀行預金は低金利時代ですが、更に進んでおり、
金利0という時代も近づいていると言われています。

また、定期預金についても利回りがとても低くなってきており、
新たな利益を求める方が増えており、株式やFX、投資信託などに加えて、
比較的新しい投資方法のソーシャルレンディングも投資先の一つとして検討する方が増えています。

 

ソーシャルレンディングとは

投資といえば、ある程度の出資額を用意して専門家に運用してもらったり、
不動産などから利益を得る方法ですが、高利回しをするには大きな規模の出資と、
高い技術力が必要と考えられてきました。

しかし、このような投資は社会に対して一部の事業であり、
必要とされる事業に投資が向けられていないという批判もありました。

 

そこで注目されているのがソーシャルレンディングです。

 

この方法は社会で必要とされているが資金が集まりづらい事業に率先して投資をすることを目的に、
インターネットを利用して幅広く資金を集める方法です。

 

もともとは個人無担保ローンや、
小規模事業者向けのローンを実現するために開発されていますが、
広く出資者を集める方法、
匿名組合方式などを活用して従来の投資先にも適用させてきています。

 

この方法を使うことで高利回しが可能な商品も広く出資を集められますし、
運用がさらに高いレベルで可能となると期待されています。

また、出資者側にとっても元本までが責任範囲なのでリスクがとても少なく
また定期収入が得られるとあって注目されています。

 

ソーシャルレンディングでの運用について

投資は運用の仕方が大事です。

高利回しであればあるほど専門的な知識が必要で運用が見えないケースが多かったのですが、
この投資方法は目に見える形でわかりやすいのが特徴です。

 

投資としては基本的に、お金を貸し出す融資として実行されます。

融資は期間や利回りが定められており、
毎月の返済額から利益配分される仕組みです。

運用期間中は元本が戻ることはありませんが、契約期間が終われば返金されます。

 

また、利回りは出資額によらず一定であることから、
少額出資であっても定期収入として利益を得られるのが特徴です。

契約期間については他の投資と違って自由に決められるのが特徴です。

 

たとえばみんなのクレジットでは1ヶ月単位で設定でき、
短期投資も可能となっています。

投資について出資額、契約期間がここまで自由に設定できるのは珍しく、
分散投資を考えている方の多くに適用することができます。

ただし、商品を提供する企業がとても多いのが問題です。
どの企業を選ぶかは商品の質が問題となりますが、
定期収入を得られやすい不動産関連ならみんなのクレジットがおすすめです。

 

みんなのクレジットが推奨できる理由

たくさんの投資会社からこの企業を選ぶ理由は主に2つです。

1つは取り扱い商品が安定している ことです。
この会社の商品は主に不動産投資です。
新築から新しい事業に利用するなどさまざまな不動産について投資できます。
不動産投資は担保物件を設定しやすく、リスクヘッジもできるのが特徴です。

商品の多くは都心で立地が良い物件が多く、
どの商品も公開されるとすぐに埋まってしまうほどの人気があります。
また、どの商品も10万円から出資できるなど、
少額出資が可能ですので分散投資という意味でも選びやすい商品となっています。

 

2つめの理由は手数料など実際に契約するときに、
重要な項目が出資者目線になっていることです。

手数料は商品を設定する際にいくらか設定されるのが常ですが、
この会社は入金時の振込手数料以外は無料となっています。

 

どんなに商品を選んでも利益が出ても手数料が無料なのです。
手数料がかからないということは分散投資する際にも少額投資する際にもとても有利になります。

みんなのクレジットは誰でもソーシャルレンディングを始めやすいシステムを持っている企業と言えます。