投資には、いくつかの投資方法がありますが、
集中投資には資金を分散しないという大きなリスクが伴います。
投資で一番利益が大きくなる可能性が高いのは資金分散
長期間の運用で手堅く投資する事です。

その点、ソーシャルレンディング投資では、早くて少額分散長期間、と
利益が大きくなる可能性を秘めているメリットがたくさんあるので、手堅く運用する事が可能です。
初心者の方や、ダメージを受けてもそれほど痛手を負いたくない、
という方にはお勧めのクラウドファンディングサービスとなっています。

ソーシャルレンディングのリスク

ソーシャルレンディングは高利回りですが、リスクや注意点がいくつかあります。
例えば、資金を貸した事業者が返済する事が不可能になった場合 、貸した側のリスクがあります。
もし、そうなってしまった場合は、投資した投資家達が損失を請け負う事になっています。

賃付型といっても、リスク内容はプロジェクトや会社ごとによって様々な内容となっているので、
投資する前にどのようなリスクがそこの会社にはあるのか、しっかりと調べる必要があります。

例えば、そのプロジェクトに投資する場合にはどのようなリスクがあるのか、
それに付随する担保の確保をしたり、為替リスクヘッジの様な備えはしっかりあるのか、
保証がついていて、リスクに見合っている期待利回りが設けられているのか、といった事など、
しっかりと見極め手堅く選んでみて下さい。

日本の制度で現状、出資者が個別の事業者に貸付する事が出来ないため、
貸付先の業況や業態の詳細を確認する事が出来ません。
そのため、大変重要となってくるのがクラウドファンディング営業者の審査能力です。

プロジェクト毎の匿名組合も、設定がクラウドファンディング運営会社の間に設定されるので、
会社の信用や信頼は最も大事なポイントとなります。

もし、ご自身でクラウドファンディングの資産を運用するのであれば、
運用を安心して任せる事の出来る運営会社を選ぶ事お勧めします。
投資する前に、運営会社を手堅く見極める事も利益への第一歩です。

ソーシャルレンディングの安全性

ソーシャルレンディングは、法的では貸金事業に分類されています。
有価証券として管理されている債権や株式とは仕組みがまた異なります。
この違いは、明確にソーシャルレンディング仲介業者がつぶれた時に影響します。

証券会社では、例え会社が倒産したとしても、

私達が預けている投資信託や株式などの資産は保護されます。
なぜなら、投資家保護基金と分別管理制度の2つのバックアップ体制が存在するからです。
一方で、ソーシャルレンディングになると、私達が投資したお金は仲介している業者の財務に
組み込まれているので、分別管理される事はありません。
実際、規約にも、融資期間では仲介業者の財産に組み込まれる、と明記されています。

加えて、この財産を保護してくれる投資家保護基金のようにバックアップする機関は存在しません。

そのため、私達がソーシャルレンディングで投資を行ったとして、融資先事業者及び、
仲介業者の信用の2つのリスクを背負う事になります。
ただ、債券や株式だって発行体の信用次第で
ただの紙くずとなってしまいますから、極端に倒産を恐れる必要はないです。
余剰資金を利用して、少額投資から始めるのが安全に投資をスタートする事が出来ます。

なお、トラブルが起きた場合には、証券・金融商品斡旋相談センターを利用し、
問題の解決・和解を図る事が可能となっています。
困った時の相談窓口として利用可能ですが、財産の保証は行っていないので気を付けて下さい。

2chでも手堅く、評価の高い運用会社とは

ソーシャルレンディングのサービスとして、

2chでも評価の高い『みんなのクレジット』というサイトがあるのですが、
今回はこちらのメリット、デメリットを紹介していきたいと思います。
まだ新しいサービスという事もあるので、まとめサイトや2chでも情報が少なく、
これから投資する方にとっては心配の声も多数あります。

無料のサービスなら安心ですが、初めて投資する方にとっては
情報をしっかりと知っておきたいですよね。
まずは、『みんなのクレジット』のメリットを把握していきましょう。

第一のメリットとしては、利回りがトップクラスという事です。
現在あるソーシャルレンディングサービスで、5%ほどの利回りが平均となっていますが、
最大利回り12%のファンドもあるという、驚異的な数字が掲載されています。
平均的な利回り5%に比べて倍以上もあるので、とても魅力的です。

他のソーシャルレンディングの中でも『みんなのクレジット』は
トップクラスの高利回りを誇るので、とにかく利回りに拘りたい、という方にはお勧めのサービスです。
利回りだけでなく、条件を達成する事で、分配金とは別にボーナスがもらえる事があります。
全てのファンドが対象ではありませんが、
満額成立、投資金額、コラボ、の3つのボーナスをもらえるので、おすすめですね。
デメリットとしては、最低投資資金が10万円と、最近では1万円から始められる投資もあるので、
初心者にとってはすぐに出せる金額ではないというところですね。