ソーシャルレンディング元本保証はありません
お金を投資するのが心配になることもあります。
業者によっては、リスクが低くなるような工夫がされているので、資金を守ることが出来ます。
それぞれの業者でどんなリスクへの対応があるかをチェックするのが良いでしょう。

流動性のリスクを心配する場合、期間の短いものを選んでリスクを回避します。
同じ業者でも複数選べる場合があるので、
大きい金額なら短く、小さいなら長く、などを検討してみましょう。

元本保証がない商品に投資をしても良いか

株式と投資信託はどちらも元本保証がありません。
ただし、2つを比較するとかなり性格が異なります。
株式は一社にのみ投資することがあり、その会社の価値が下がれば資産が下がることがあります。

一方、投資信託の場合は一つの投資先に投資していることはありません。
ですから株式に比べると安心して投資することが出来ます。

ソーシャルレンディングは、新しい投資の仕組みとして人気があります。
2chでいわれているのは、元本保証がない場合に資金投入をしても問題がないかです。
確かに気になるところですが、
それぞれの業者の対応をチェックすれば、ある程度のリスクを回避することが出来ます。
『みんなのクレジット』では、事業融資を中心とした商品になっています。
ですから、個人とは違って、計画的な融資になります。

個人の場合だと、借り入れたお金をどんな用途に使うのかが分らない場合があります。
事業目的がはっきりしていると、
それだけ回収もしやすくなり、
融資資金の返済もしてもらいやすくなります。
また、各案件では担保を取っていますから、リスクはかなり低くなります。

万が一事業がうまくいかなかった時、返済ができない可能性があります。
担保があれば、担保を売却することで資金を返済してもらうことが出来ます。
他の業者の中には担保を取っていないところもあるので、
心配をしながら大金を預けないといけませんが、
担保があるのであれば、それなりに大きな資金でも不安を持つことはないでしょう。

長期的にお金を動かせないのが困る場合

投資をするときには色々なリスクがあります。
よく言われるのは価格変動のリスクです。
買ったときの価格より価値が下がる場合があります。

お金で持っていれば減っていないわけですから、投資をしたことで損をしたことになります。
それ以外にあるのが流動性のリスクです。

5年定期などだとその期間はそのお金を使うことが出来ません。
生命保険や年金なども、一旦始めると解約をしないと使うことが出来ません。
解約をすると、満期まで持った時の利益を得られなかったり、場合によっては元本割れすることもあります。
余裕のあるお金で投資をする必要があります。

 

ソーシャルレンディングに資金投入するに当たって、変動リスクは特にはありません。
株価のように価値が変化する商品ではありません。
ただし、元本割れをするリスクは残しています。
そして流動性のリスクを持つこともあります。

案件によって期間が決められているので、当初決められた期間内は解約することが出来ません
『みんなのクレジット』を利用して投資をするとき、何に気を付けるのが良いかどうかです。
2chで言われている方法としては、期間の短いものを選ぶと良いとされます。
長期的に利用されるものもありますが、数か月程度のものも多くあります。
数か月であれば、お金が必要になったとしても何とか待つことが出来ます。
大きなお金の融資では期間の短いものを
選択するようにし、長いタイプの場合は資金をあまり大きくしないようにすれば問題はなくなります。

一つに集中ではなく分散させるとよい

結果論で投資を話すなら、ある時にすべてをある銘柄に投資していればよかったといえるでしょう。
最も値上がりする商品が最も下がったとき、
資産の全てを入れておけば大きく利益が得られたかも知れません。
これはあくまでも結果論で、この通りに投資を行えることはありません。
もし、商品にすべてを投資して、それが大きく下落すれば大きく損失してしまうことになります。

ソーシャルレンディングで資金投入を行うとき、どんな方法で行っていくのが良いかです。
株式のように価格が変動するわけではないので、
投資をすれば、満期の時に一定の利回りで元本と配当を受け取ることが出来ます。
これは予定通りに返済が行われたときの話で、全てのケースで返済されるわけではありません。
全てをある案件に資金投入してしまうと、すべて戻ってこない可能性もあります。

『みんなのクレジット』は非常に人気のあるサービスで、2chでも利用方法などが議論されています。
その中で効率的とされるのが分散して行う方法です。
同じ時期に一つだけ出ていることは少なく、何本かが出ています。
一つにすべてではなく、少しずつ分けるようにします。
また、時期を分けることも考えましょう。

毎月10万ずつ、100万ずつなどにする方が分散効果を得やすくなります。
同じ時期だと、同じようなリスクを持ったものが同時に出ていることがあります。
それよりも、毎月少しずつ、1年にいくらずつなどにした方が、より異なる案件への投資ができます。