新しい投資の形である【ソーシャルレンディング】が幅広い層に注目を集めていますが、
手軽に始められる投資としては株式投資やFXもあります。

ただし、投資に対する考え方や利益の分配などいくつか違いがあります。
特に事前に必要な知識について大きな差があり、
また、リスクについても違いが大きい投資でありそれぞれ注意が必要です。

 

株式投資とFXの利益について

手軽に始められる方法としては株式投資とFXがありますが、
ソーシャルレンディングと比べると、利益の発生タイミングが大きく変わってきます。

株式投資の場合は約定された時点で利益が確定しますが、
空売り等をしている場合は数週間から数ヶ月先まで利益が確定しないケースもあります。

 

また、FXについても同様ですが、
ポジションをどこに設定するかで大きな利益の変動が出てくるのが特徴です。

それぞれ利益については分かりやすいのですが、
損益が出るときには元本以上の損失が発生してしまうケースもあるので要注意です。

多くは空売りや先物取り引きで発生するのですが、
ソーシャルレンディングが損失は最大元本なのに対して、
追加の出資が必要なこともあるのが最大の違いです。

 

また、利益については出資金に対して月々一定額支払われるのも利点の一つです。
ただし、事業が成功し、
利益が多めに出たとしても最初の出資金から計算されるので注意が必要です。

利益を出資金によらず欲しいというケースでは、
株式投資やFXの方が得られる金額は大きい場合もあります。

 

ソーシャルレンディングを選ぶ理由

投資はさまざまな条件で行うのですが、多くはお金を稼ぎたいということがあります。

しかし、ただお金を稼げばよいという考えではなく、
社会的に困っている人を助ける意味でも投資をしたいという考えが生まれています。

 

従来の投資では裕福な方がさらに裕福になるための方法ですが、
ソーシャルレンディングの場合は少ない出資でも参加でき、
金融機関や大規模出資者から融資を得られない事業主へ融資をすることで、
社会的にも意義を求められる投資です。

 

出資についてはインターネットを使って広く集められますので、
少額出資を基本としています。

また、運用期間も1ヶ月単位で設定できる『みんなのクレジット』などもあり、
従来の投資よりも自由度の高い投資となります。

 

利息の発生するタイミングは、
月々の返済が行われた時に決まる発生方法も分かりやすいと好評です。

利息ついてはハイリスクな商品は少なく、
どちらかといえば安定して月々利息がでる発生方法が好まれています。

 

投資をしたいがリスクは考えたくないという方や、
社会貢献を少しでもしたいという方に好まれている方法です。

 

ソーシャルレンディングを提供する会社

投資会社の多くが参入していますが、独特の投資方法ということもあり、
長く事業を継続している企業が有利な商品開発をしていることが多いです。

 

中でも『みんなのクレジット』のように不動産投資を多く扱う企業は、
ノウハウを活かした商品開発で口コミでも評価が高くなっています。

投資の対象は不動産以外にも個人ローンや新興国プロジェクト、
太陽光発電事業など多岐にわたりますが、
不動産事業が利息の発生方法も分かりやすくおすすめです。

 

特にみんなのクレジットが提供してる商品は10万円から出資でき
運用期間も1ヶ月から指定できます。

初めて投資をする方から、ベテランまでさまざまな方の要望に応えられる商品となっています。

この企業は長年商品を提供していますが、
すべての物件は担保を取ることをしています。

 

これは事業のリスクを減らすことを目的にしています。
社会貢献としてはさらに弱い方への融資も求められていますが、
リスクを最小限にして安定した投資商品を作る方針となっています。

また、出資者のために手数料が無料化されているのも選ばれる理由となっています。