低金利時代の今、銀行などの金融機関にただ貯蓄しているだけでは、当然のことながら大きく増やすことはできません。基本的にどのような投資方法であったとしても、必ずリスクが発生するため、資産を目減りさせたくないという気持ちから、投資行為に興味はありつつ躊躇している方々も少なくないでしょう。

一方で、株式投資にFX、不動産投資などといったお馴染みの投資方法によって、財産を増やしている方がいらっしゃるのもまた事実です。しかし、そうしたハイリスクなものではなく、ローリスクでミドルリターンなソーシャルレンディングサービス(貸付型クラウドファンディングサービス)による投資であれば、確実性高く、安全に資産運用を図ることができます。

ソーシャルレンディング事業者に対する2chでの声

貸付型クラウドファンディングサービスによる投資は、利回りの良さとともに、安定感のあるローリスクで、確実性の高さがその魅力となる投資方法となっています。同時に、自分の資産が、資金を借り受けた企業によって有効な形で活用されることにより、それが社会貢献へとつながっていくことにも、その意義深さを感じている投資家の方々も少なくありません。自分の資産を貯蓄として金融機関に預けているだけでは、微弱な利子による増加しか見込めません。

そうした現状を背景として、インターネット上の掲示板、2chの声を拾ってみても、この貸付型クラウドファンディングサービスによる投資方法は、小資本で誰でも気軽に始められる資産運用の新しい形として、個人投資家の方々を中心に注目を浴びていることがわかります。また、これから貸付型クラウドファンディングサービスでの投資を行おうとしている方々にとってみても、もちろん基礎的な知識は必要ですが、株式投資のように高度な経済的知識とその市場動向に逐一留意する必要もそれほど求められず、比較的簡単にスタートできることから、その関心の高さを2chの声からもうかがい知ることができます。

貸付型クラウドファンディングサービス投資を始めてみようと思い立った方々にとって、その仲介業者選びもまた重要な観点となってきます。そこで、2chでも専用のスレッドが立っているほど注目されている『みんなのクレジット』社のそこでのソースは、業者選びの際の参考情報となるでしょう。2ch内スレッドでの書き込み内容はとくに、キャンペーンに関することが目立っています。2chスレッドへの書き込みユーザーによって『みんなのクレジット』社の評価は分かれていますが、他社ではあまり見受けられない『キャッシュバックキャンペーン』などの受けが良くなっています。

ソーシャルレンディングにおけるマイナンバー登録

2016年からマイナンバー制度が始まりましたが、証券口座をお持ちの株式投資などを行なっている方々と同様にして、貸付型クラウドファンディングサービスによる投資家もまた、口座開設時にはマイナンバーの登録が必須となってきます。この制度では、日本に住民票がある国民をはじめとして、特別永住者などの外国人にも12桁の番号が割り振られることとなり、収入・所得や納税額、年金などといった様々な個人情報を一括管理するシステムとなっています。

基本的には、一度国民につけられたその番号は、一生涯を通じて用いられることが原則となっています。ただし、万が一このカードを失くしてしまったケースなどでは、番号を変更することもできます。先述の通り、このカード番号には、重要な個人情報が関連づけられているため、個人情報の漏洩による不正利用を防ぐためにも、このカードを持ち歩く際には紛失に気をつけるようにしたいです。

貸付型クラウドファンディングの仲介業者である『みんなのクレジット』社は『キャッシュバックキャンペーン』による話題性だけではなく、貸付型クラウドファンディングサービス業界でも高い水準に位置している、年率にして最大14.5%といった高利回りや、融資希望者に対する厳格な審査や調査により、元本割れ事例がこれまで一度も発生していないといったリスクの低さもまた、個人投資家の方々にとってその魅力としてあげることができます。

ソーシャルレンディングとクラウドファンディング

ソーシャルレンディングサービスというものは、クラウドファンディングサービスの中のひとつに属しています。クラウドファンディングサービスには、リターンを求めない寄付型のものや、物品やサービスなどを受けることを目的とした購入型の非投資タイプと、リターンを狙うファンド型・貸付型・株式型といった投資タイプに分けられます。

これらのうち、ソーシャルレンディングサービスは、貸付型にあたります。この貸付型クラウドファンディングサービスによる投資では、起業家や中小企業事業者の方々が必要とする資金を、低金利で借りたいといったニーズを満たしています。投資家の方々にとってみてもこのサービスは、銀行などの利子とは比較にならないほどの高い金利収入を、低リスクで獲得することができる可能性が高いため、最適で安全、高利回りな資産運用方法となります。日本国内でこの貸付型クラウドファンディングサービスが始まったのは、2008年頃のことになります。個人投資家の方々と資金を求めている企業とを、インターネット上で結びつけるといったこの投資方法では、金融機関での融資を受けられなかった企業などに対して資金提供することで支援しつつ、その見返りとして配当を受け取ることができるといった高利回りな資産運用が可能となっています。

この貸付型クラウドファンディングサービスの原型となるものは、イギリスで生まれました。それからアメリカをはじめとする先進諸国にこの投資方法が伝わり、現在の形となって成長を続けています。個人投資家などの方々と、借り手側の双方にメリットがある貸付型クラウドファンディングサービスは今、社会貢献性の高い投資システムとして大勢の方々に知れ渡っています。