ソーシャルレンディングは少額投資から始めることができ、個人投資家にとって参入しやすい投資商品です。利回りの良さから安定した配当を受け続けることが期待できますので、今後も有望と考えられます。

通常、予め決められた運用期間が終了して満期を迎えると元本が返済される運びとなります。融資を受けている事業者の都合で、満期の前に借入金の一括返済が行われる場合があります。これを期限リスクと呼びます。配当が得られるはずであった期間が短縮されることとなりますので、当初に予定していた配当利益を得ることができなくなります。

『みんなのクレジット』は個人のための有望な投資商品

大きな資金を必要とせずに低リスクで参加できる新しい投資商品として、ソーシャルレンディングを検討してみてください。株式や不動産投資とは異なる特徴のある投資を行なうことができます。インターネット上に構築された仕組みによって、少額の資金であっても複数の投資家から集約することで、金利の高い投資案件への参加を可能にしています。

小口投資家に低リスクで有望な投資商品が提供されるとともに、新規事業を起こす有望な事業者のために、タイムリーに資金調達をする機会を与えます。両者にメリットとなる投資と融資の関係を取り持つのが、運営会社の役割となっています。運営会社によって提供する投資案件に特徴があります。配当利率、投資期間や、信用性などの評価基準が独自のものとなっているからです。

『みんなのクレジット』は、白石伸生氏によって2016年4月に開始された新進気鋭のサービスです。先行者利益はありませんでしたが、独自のキャンペーンや有利なキャッシュバックにて販促活動を行なうとともに、業界トップクラスの配当利率(最大14.5%)によって、短期間で飛躍的に契約数を伸ばしてきています。

有望な投資商品として評価される理由には、融資先を独自の審査基準によって厳選していること、投資金額に対して120%の担保物件を設定するなど、貸し倒れリスクや安定配当に配慮している点を挙げることができます。小口投資家にとって、チャンスを活かしやすい投資物件として今後も有望であると見られています。

ソーシャルレンディングの早期償還の意味とは

元本保証されていない投資ですので、リスクについて理解しておく必要があります。貸し倒れリスクに対しては、運営会社が保証を付ける、担保物件を設定するなどのオプションを付加することでリスクが軽減されます。また、1つの投資案件に投資する金額を抑えて、複数の案件に分散投資することも可能ですので、それほど怖いファクターではありません。これに加えて期限リスクといった要素がありますので、理解を深めておくとより投資の精度を上げることができます。具体的には、早期償還償還遅延のことを指します。

償還遅延は満期日を過ぎても、分配金が支払われないことを意味します。貸し倒れに繋がる可能性がありますので注意すべき状態です。一方、早期償還とは、運用期間の満期となる前に、融資を受けていた事業者が借入金を一括返済した場合です。投資していた元金が早いタイミングで戻ってくるため、他の投資へ資金を回す事ができて好都合と考えがちですがデメリットもあります。

当初予定よりも、分配金を受け取れる期間が短縮されることなりますから、トータルの配当利益が少なくなるという事態となります。想定しいた利益を得る機会を失うこととなります。但し、比較的、運用期間が短い投資商品ですので、早期償還となった事例でっあっても、極端に期間が短くなるケースは少ないと考えられます。投資をする上で十分起こり得る事態ですので、配当利益は支払いが確定するまでは、他の目的に充当するような計画を立てない事を推奨します。

『みんなのクレジット』が2chで話題となっている

投資商品として有望なのか、将来性はどうなのか等、疑問や不安を持つ方も少なくないでしょう。インターネット上には、実際にソーシャルレンディングに投資し、その経過報告をブログに綴っている方が数多くいますので参考になります。口コミや体験談も参考になりますが、アフィリエイトなど報酬を得ることを目的として発信しているブログでは、偏った情報が公開されている可能性があります。

利害が関連したブログの場合は、過剰にメリットだけを掲載しているケースもありますので、中立な立場で情報収集に当たる事が肝要です。また、2chは最新の情報収集先として役立てることができます。専用のスレッドが建てられ様々な書き込みがなされています。次々と投稿されており、多くの情報が蓄積されていますので、関心の高さが伺えます。2chで情報を閲覧する際の注意事項がありますので付記しておきます。

偏向した情報、嘘の情報、煽りのある記事など、有用な情報以外に間違った行動をしかねない情報が混在しているのが特徴です。したがって、ネガティブな情報が掲載されている可能性があることを、予め心得ておき、客観的かつ冷静に情報を取捨選択し、有用な情報を得ていくようにしていくと良いでしょう。

自分が望む投資スタイルに合致する投資方法を知ることもできますので、有用な情報源となります。今回、フォーカスした早期償還や償還遅延などについても、有用な情報が得られる可能性がありますのでリサーチしてみることがお勧めします。