ソーシャルレンディングに関する情報を得るために、2chを活用することは有意義です。その中で、初心者の質問の傾向を見ていると、「そもそも仕組みが分からない」「どの運用会社が良いのか」「本当に利益を得ることができるのか」と言うような内容の質問が多いことがわかります。

つまり、初心者の傾向としては、投資として興味はあるけれども不安も大きいことが見て取れます。そこでこれらの質問について順を追って考えてみます。

そもそも仕組みはどうなっているのか

ソーシャルレンディングとは、そもそも資金を必要としている企業や人が、インターネット上で資金の提供者を募って資金調達をすることです。資金の提供者のメリットとしては、資金を必要としている人が行う事業の内容等を吟味した上で、投資をするかどうかを判断できる点にあります。また、その資金が何かしらの事業を行うための集められたものならば、その事業が成功すれば高いリターンを得ることができます。

しかし、資金を必要としている人や企業と、投資を行う個人がインターネット上で自然に出会うことは困難です。そこで仲介役として運用会社があります。運用会社は、個人や企業が必要な資金を集めるために、事業の内容や必要な資金、また利率等を集めて、資金の提供者を募集します。ここで特徴的なことは、一つの案件に対して多くの人から資金の提供を募ると言う事です。例えば『みんなのクレジット』ならば10万円から投資をすることができますので、数千万円の事業に対して少ない資金で投資をすることもできます。

つまり、投資をする側もリスクも少ないことが特長であると言えます。また、利率も年最大12%の案件もありますので、投資が成功すれば十分なリターンを得ることができます。このように、企業が行う優良な計画の事業に対して、少額からでも投資をすることができ、成功をすればお互いにメリットがある仕組みが、ソーシャルレンディングの仕組みと言えます。

どの運用会社が良いのか

ソーシャルレンディングを取り扱う運用会社は多数あります。それぞれに特徴がありますが、選択をする基準としては、投資をする目的を達成できる案件を多く持っている会社であることが大切です。投資をする目的としては「お金を増やすこと」というのが投資をする人の共通の目的です。つまり、リターンが大きくリスクが少ない案件を多く持っている運用会社を選択するべきです。また、古くからある経験豊富な運用会社が良いとも限りません。投資の世界は柔軟な考え方で動きますので、古い考え方を持ち続けていることは、デメリットにもなりえます。新たに参入をしてきた運営会社でも、利用者にとってメリットが多くある運用会社を選択することをお薦めします。

中でも『みんなのクレジット』は利用者にとってメリットが多くあります。なぜならば、投資をする資金は10万円からで良いので、比較的気軽に投資を始めることができます。また、高い年利の案件が多く、年1%から12%までの年利を得ることが可能です。また投資をする期間も1ヶ月から36ヶ月と限定されていますので、例えば不動産投資の案件に投資をしても、物件の出口戦略まで考える必要はなく、比較的短期間でリターンを得ることができるメリットがあります。新進気鋭の企業だけに、勢いがあり他の運営会社との差別化を図っていますので、投資をする側が利用する運営会社としては、多くのメリットがあると言えます。

本当に利益を得ることができるのか

2chのソーシャルレンディングに関する初心者に多い質問の中で、最も多くの質問が「本当に利益を得ることができるのか」といった内容です。投資の手段は株式や為替、不動産等、数多くありますが、確かに利益を安定して得ることができる投資は多くはありません。なぜならば投資にはリスクが付き物だからです。しかし、上手くリスクと付き合うことで、大きなリターンを得ることができたならば、お金を増やすことはできます。

そのための投資の手段として、ソーシャルレンディングは優秀と言えます。例えば今の経済情勢を考えると、超低金利や首都圏を中心に不動産の価値が上昇傾向にあります。そこで不動産投資は有力な投資方法ですが、不動産投資は物件の維持管理から最終的な処分までを考えて行う必要がありますので、短期間の経済情勢だけでは測れない難しさがあります。しかし、例えば『みんなのクレジット』ならば、投資の期間が1ヶ月から36ヶ月と限定されていますので、不動産投資の案件に投資を長期ではなく短期ですることもできます。

投資物件を購入する場合のように、大きなリスクを取ることがない事は大きなメリットと言えます。また投資金額も10万円から出来ますので、多くの有力な案件に対して分散投資をすることで、リスクの軽減を図ることができます。このように本当に利益を得るために必要な対策を取ることができるので、数ある投資手段の中でも有力な投資であると言えます。