2chのソーシャルレンディングについての掲示版を見ると、地方の不動産の空室率についての話題が出ることが多々あります。なぜならば、不動産投資をする上での傾向や対策が関係してくることが理由として挙げられます。不動産投資を成させるためには、安定して家賃収入を得ることが必須の条件となりますので、空室がある場合には収入を得ることができずに赤字経営となってしまいます。不動産投資を考える場合には、空室率は特に注意をするべき指数と言えます。

不動産投資は有効な投資と言えます

不動産投資は投資の手段として有効です。条件の良い不動産の場合には、入居者を探すことは難しいことではありませんし、事業用の物件を扱う場合には、高い家賃収入を確保することができます。但し、不動産を所有することは、多くのリスクを抱えることにもなります。入居者が見つからない場合には、税金や管理費用のみが必要となり、収入が途絶えることになりますので、赤字経営を余儀なくされる場合も多々あります。また、一つの物件を購入する場合には、数千万円から数億円の資金が必要となりますので、金融機関から融資を受けて投資を始める場合には、資産を手に入れると同時に、多額の負債を抱え込むことになります。また物件の管理は簡単ではありません。管理業者も良い業者を見つけることができなければ、入居者とのトラブルも解決することができないこともありますし、管理費も足元を見られることもあります。

不動産投資をする場合には、出口戦略を考える必要があります。古くなった物件をどのように処分するのかを考えておかないと、税金や管理費ばかり必要な赤字の不動産が手元に残る場合も考えられます。そんな不動産経営に関するリスクを除去できる投資の手段がソーシャルレンティングです。数ある運用会社の中でも『みんなのクレジット』ならば、10万円から投資をすることができますし、投資の期間も1ヶ月から行うことができるので、リスクを軽減できます。

不動産投資をする上で知っておくべきこと

日本最大級の情報掲示板としておなじみの2chでソーシャルレンティングの情報を見ると、地方の不動産の空室率についての話題を目にすることが多々あります。これは不動産投資をする上で重要な指標となるからです。例えば、人気のない不動産に投資をすることは、言うまでもなく投資の成功率を下げることになります。地方の不動産の空室率が高い場合には、将来的にその地域の不動産を持つことのリスクを高めることにもなります。但し、ソーシャルレンティングを利用して地方の不動産に投資をするならば、投資物件を購入する場合とは話は違います。特に運用会社で『みんなのクレジット』を利用した場合には、投資期間は1か月から36か月までと決まっていますので、その間の不動産経営が順調ならば、投資に対するリターンを得ることができます。つまり近い将来の見通しが正しければ、投資が成功してリターンを得ることができますので、投資の成功率は大幅に高くなります。

『みんなのクレジット』は新進気鋭の運用会社ですので、良い案件を見つけ出すための努力をしていることが見受けられます。不動産投資の案件においても、同業他社と比較して、高利率での運用ができる案件が多いことが特長です。不動産投資をする上では、今現在の情報の有無が成功のカギとなるので、地方の不動産の空室率が、2chで情報としてある場合には、しっかりと把握しておくことが大切なことです。

お金を増やすために必要な手段とは

お金を増やすためには、投資は無くてはならない手段です。但し、投資をすることはリスクを背負うことにもなります。しかし、投資に対するリスクは、多くの情報を得ることで軽減をすることができますし、投資方法次第では、大きなリターンを得ることができます。つまりお金を増やすためには、「少ないリスクで大きなリターンを得る」ことができれば、実現することができます。投資の手段は数多くありますが、不動産投資は2020年に東京オリンピックを控えた今の時期には、非常に有力な投資の手段と言えます。しかし、長期的な視点で見ると、人口の減少により、特に地方の不動産の空室率は上昇をするリスクがありますので、物件を購入することはリスクがあると言えます。そこで、ソーシャルレンディングで不動産投資をする方法は、リスクを減らすための手段として最適です。

また運用会社の中でも、利率の高い案件を多く持っている会社で運用をすることによって、大きなリターンを得ることができます。中には年利10%を超える案件もありますので、そのような案件に投資をして成功した場合には、非常に多くのリターンを獲得することができます。時代によって、有力な投資先は変化がありますが、この先の数年間を考えた場合には、ソーシャルレンディングを利用して、有力な不動産に投資をすることは、お金を増やすための投資手段としては、最も優れた方法であると言うことができます。