事業者が新規事情を起こす際に、事業資金や運転資金を調達するために重要視するポイントは、利率及び融資タイミングです。低い利率で資金をタイムリーに調達できることが理想です。

融資を申し込む対象として、銀行や消費者金融などが代表的ですが、利率及び審査難易度を考慮すると望む条件に合致しないケースも有り得ます。新しいソーシャルレンディングであれば、両者の特性を持つために、事業展開に即時に役立つと評価されつつあり有望です。

個人投資家に注目されている投資商品であること

融資を求める事業者と一般投資家をマッチングさせる仕組みをインターネット上で運営するサービスが、ソーシャルレンディングです。少ない資金で運用をすることが可能な投資商品ですので、気軽に参加しやすく、高利率であることも併せて注目されています。

専用サイトで公募された投資商品に対して、出資者を募り予定額に達した時点でその案件はクローズとなります。債権などとは異なり元本補償されないリスクがあります。例えば、融資を受けた事業者が返済不能な状態に陥ることで、資金回収ができなくなるようなケースです。

サービス運営会社は、この貸し倒れのリスクを考慮し、投資案件に対して万が一のリスク回避の為の不動産などの担保が設定されているものがあります。返済が滞った際の資金保全の用意がありますので、初心者の心理的なハードルは低くなり参加しやすいといった特徴があります。

一方、高利率で安定した配当が期待できる優良案件が多く期待できますが、リスクが全くないわけではありません。貸し倒れ以外にも、融資を受けていた事業者が残っている債務を一括返済したケースです。早期償還が実行された場合は、満期までの期間、安定して受け取ることができると期待していた配当が受け取れなくなることになり、機会損失が発生します。

元本は返済されますので、実質損失とはなりませんが、収益計画を見直す必要が生じますので、リスクとして考慮しておくべき事案です。通常は、ジャンルの異なる他の案件にも分散投資することで、早期償還リスクを回避します。個々の案件は少額ですので、初心者にも分散投資は可能です。

融資を受ける事業者の立場で無利息期間を比較すると

一般に事業を起こす際に必要な資金調達の方法としては、銀行と消費者金融の二つが代表的なものとして挙げることができます。金利面や借りることができる金額が有利な点として評価できますが、審査が厳しい傾向がありますので、事業計画をしっかり伝え審査をパスしなければなりません。

新規事業を起こす際に、厳しい審査基準をパスすることが難しい事業計画者も少なからずあります。融資までの時間が必要なケースもあり、希望するタイミングで融資を受けられないために別の方法を検討することになります。

一方、消費者金融では、一定の条件に合致すると無利息期間が設定されているローンを利用することができます。コストを賭けずに当座の運転資金や事業資金に充てることができて便利です。当然、無利息期間内に返済を済ませないと、通常の利率が適用されることになります。

ローン審査は銀行に比べると、審査が通りやすい傾向がありますので、資金調達に適していると考えられますが、利率が高いために長期融資を申し込むのは得策ではありません。ソーシャルレンディングは、比較的新しい金融システムであり、銀行と消費者金融の特性を併せ持っていると考えられます。

サービス提供会社の基準をパスする必要はありますが、銀行に比べると利用しやすいとともに、資金調達のしやすさが評価されています。金利面、融資スピード、融資限度額のバランスが良く、借りやすいシステムであると投資家の間で捉えられています。

今後の伸び代もあり飛躍が期待できる3つの理由

超低金利の預貯金など、休眠資産を他の投資にしていくことが、国策として奨励されている時代ですので、少額の資金を積極的に投資していくことができるソーシャルレンディングは、時代の流れにマッチしています。短期間で口座開設数を増やし続けてきた各運営会社や、業界のそのものの伸び代があり、期待できる理由の一つです。

小口の投資家にとっては、低リスクで高利率の投資案件を歓迎しますので、大きな資金を必要とする株式投資やFXに比べて、ローリスクミドルリターンの投資案件は安定した収益を期待できます。優良案件を多く取り扱っているサービス提供会社は、多くの投資家に支持されます。これが二つ目の理由です。

サービス提供会社の考え方が重要です。会社の代表者の今後の戦略を明確に打ち出してきている業者の一つに『みんなのクレジット』があります。短期間で本当に事業資金を必要とする事業者にタイムリーに資金提供すること及び、少額資金の資産運用する一般投資家に安定して投資機会を提供するという点です。

一般層に認知され2017年以降も口座開設が安定して増え続けていますので、まだまだ伸び代があると考えられます。これが見つめの理由となります。有望な投資として、インターネット上の情報源として活用できる大手のネット掲示板2chでは、活発な議論や情報交換が行われていることからも関心の高さを伺い知ることができます。

初心者にも有用な情報が入手できますので、閲覧してみることをお勧めします。2chには間違った情報が掲載される場合もありますので、中立的な立場で閲覧することが望まれます。