投資を考えた場合に株式やFXのように危険性も高いが
利回りが大きいタイプを選ぶ方が多くなっていますが、
元本以上の損失もあり得る、必要な知識、経験が必要ということもあり、
注目されているのがソーシャルレンディングです。

 

ソーシャルレンディングは事業性の関係性が高い融資を多く扱うことから、
安定して利回りが得られると期待されています。

 

ソーシャルレンディングの内容

ソーシャルレンディングはインターネット上で資金を集める新しい方法です。

 

クラウドファンディングとも関係性が深いですが、クラウドファンディングは
事業が成功してから利回りである商品やサービスを得る仕組みですが、
ソーシャルレンディングの場合は月々の返済から利回りが発生するので
すぐに利回りが得られる仕組みです。

 

また返済が続く限り利回りが発生するので
長期的な運用でも安心感が違います。

投資については専門の会社が審査、融資、返済管理をしますので
投資家は提案されている事業を選ぶだけです。

 

元本保証はありませんが、審査がとても厳しいので
多くの場合問題なく返済が行われています。

また、元本以上の損失が無いのも利点です。
投資できになるのが利回りですが、3%から10%、中にはそれ以上の利回りがあることが多く、
定期預金よりもよく、株式やFXよりは少ないことが多い投資方法です。

 

株式などと違って手がかかりませんが、ハイリターンはありません。
投資の方法としては落ち着いた方法として人気が上がってきています。

 

ソーシャルレンディングを選ぶ理由と危険性

クラウドファンディングのように手軽に参加できる投資ですが、
投資なので100%儲かるということはありません。
かなり高い割合で投資が成功することが多い商品が多いですが、
参入する企業が増えたこともあり、
ハイリスクなタイプも徐々に出てきているようです。

 

投資の方法は企業や団体への融資です。
特に土地や建物の運用への融資が多くなっています。

 

従来このような投資対象は数百万円以上の出資が必要となり、
事業が成功してから利回りがまとめてくる場合が多いのですが、
月々の返済から利回りが得られ、
また、10万円程度から出資できるのが特徴です。

 

もちろん、リスクが少ないので利回りも少ないのですが、
同様に預けっぱなしの定期預金などに比べれば倍以上の利回りが期待できます。

また、投資期間については融資期間と連動しません。
3年の融資期間であっても1ヶ月単位で出資できます。
ただし、途中参加、再参加、キャンセルはできませんので
出資する前によく考えることが重要です。

定期預金並に手をかけず、株式やFXよりも安全に運用できる方法です。

 

どの事業を選ぶのがよいか

2chなどのインターネット上で人気が出ている投資手法ですが、
特に事業性のある融資に注目が集まっています。

 

事業性の融資はさまざまな企業への融資となりますが、
2chなどでは利回りと安全性の関係性から、
『みんなのクレジット』の提案する事業が注目されています。

 

『みんなのクレジット』は
主に土地や建物の運用する事業に融資してきており、
多数の案件を成功させています。

利回りはリスクが低い割に高めに設定されており、
出資額も10万円からと手頃なのも注目を集めている理由の一つです。

 

『みんなのクレジット』を選ぶ理由のもっとも大きなもの
安定性のある事業であることです。融資対象の土地や建物は公開されることが多く、
そのほとんどが物件として魅力的なものばかりです。

 

また、元本保証がない投資ではありますが、
これまで元本割れを起こしていないのも魅力です。
元本割れは投資ではやむを得ない部分ですが、
これらのリスクを極限まで減らす努力がされています。

事業は選定がもっとも重要ですが、土地などの運用については
信頼できるとインターネット上でも話題となっています。