投資の手法として安定志向のソーシャルレンディングが注目されていますが、
まだまだ新しい手法ということもありさまざまな議論があります。

特に事業選択については、2chなどの匿名掲示板などでも多くの議論がありますが、
不動産事業など安定志向の事業が良い評判を持つことが多くなってきていますが、
さらに多くの事業についても議論がされています。

 

ソーシャルレンディングが注目される訳

投資の方法は多数あり、高利回りの投資手法も多数あります。

しかし、ソーシャルレンディングの魅力は単なる投資の枠を超えており、
新しい儲け方として注目が集まっています。

 

株やFXも人気がありますが、株やFXでは損失が元本以上になることが多いこと、
市場の動向に左右されやすく、また、資金がかなり豊富でないと
うまく運用できないことが多いことなどもあって人気に陰りが見えています。

 

また、これらの投資は個人で行うため、
資金力によって高利回りとならないケースもあります。

特に不動産投資などの魅力物件について、
これまでは資金力がなければ儲けはないという状況が続いていました。

 

ソーシャルレンディングはインターネットで幅広い出資を募る方法です。

クラウドファンディングと同様に参加しやすく、
また、リターンについては月々の返済から行われ、
しかも、投資家額に関わらず高利回りが期待できるのも利点です。

さらに儲けが毎月届くことで投資初心者にとっても安心感があります。

投資は長期的な観点で見る必要もありましたが、
1ヶ月単位で申し込めるなどこれまでに無い投資方法として注目されています。

 

ソーシャルレンディングの仕組み

クラウドファンディングが注目されていますが、
この投資方法は、クラウドファンディングの集客力に
月々の返済から利回りが現金で得られる部分を追加した方法です。

クラウドファンディングではサービスがスタートして初めて利回りがありますが、
毎月の返済額から利益が投資額によらず同じ利率で配分されるのが特徴です。

月々の返済が続く限り利回りが出るということもあり、
定期預金代わりに利用する方も多くいます。

 

また、投資対象のデータは全て公開されますので
2chなどでは事業について議論が行われることもあります。

特に不動産投資においては物件情報がしっかり公開されるので
危険性や利回りの妥当性なども議論されることがあります。

ただし、不動産投資以外も活発に提案されているので、
他の投資手法に比べて公開の場で皆で議論して投資ができる新しい方法です。

もちろん、決定は自分で行う必要がありますが、
株やFXと比べてじっくり選ぶ事ができる珍しい方う方でもあります。

 

情報は正しくないケースもありますが、さまざまな検討材料があることは魅力的です。

 

どの事業を選ぶことがよいか

ソーシャルレンディングは、投資会社が事業に対して投資を呼びかける方式です。
投資会社によって事業がかなり異なっていますし、利回りも全く違います。

そのため、事業を選ぶのが大変という声も多いのですが、
初心者のうちは安定した事業が多い不動産投資がおすすめとなります。

不動産投資は『みんなのクレジット』が行っているような、
不動産開発が主な事業内容となっており、数年かけて事業が行われます。

 

他の投資事業との違いは事業を遂行するノウハウが企業によって大きく違うからです。

ノウハウがしっかりしている投資会社であればほぼ失敗しませんので、
事業の実績を確認することで選びやすくなっています。

 

また、『みんなのクレジット』のように不動産投資がメインで、
高利回りを実現している投資会社も出てきていますし、
事業内容が公開されますので提案をみて判断しやすい他に短期間投資も可能です。

1ヶ月単位で選べることが多く、事業内容が不安であっても投資しやすくなっています。
元本保証はありませんが、『みんなのクレジット』のように
元本割れをしたことがない投資会社も出てきています。