ネット上の評判

2chでよく見るソーシャルレンディングのリスク回避方法

ソーシャルレンディングは広く投資家を募る方法として注目されていますが、
急速に参入する企業が増えていることから投資事業の選択がとても難しくなっています。

そこで2chなどの匿名掲示板ではいくつかのポイントを踏まえて投資事業を選ぶことで
リスク回避を行うケースが増えてきており、他の投資でも使える手法として注目されています。

ソーシャルレンディングのリスクについて

ソーシャルレンディングはクラウドファンディングと考える方も多いのですが、
同様に資金を集めるにしても利回りの出し方は大きく異なっています。

クラウドファンディングでは商品やサービスの開発が終わり、
販売されてから利回りとして商品やサービスを得ることになります。
そのため、期間がかなり長いのが最大のリスクです。

しかし、ソーシャルレンディングでは月々の返済から利回りが出ますので
リスク回避ができています。
ただし、返済が遅れてしまえば利回りを得ることはできませんし、
事業がうまく行き過ぎて一括返済された場合も途中で投資が打ち切られ精算となり、
予定していた利回りが得られないこともあります。

クラウドファンディングよりも安全性を高めるためにさまざまなチェックが行われ、
情報公開がされますが、情報公開もチェック体制も投資会社によってバラバラなことも
リスクと考える方も少なくありません。

事業によっては少ない情報で投資を募っているケースも多く、
利回りだけで投資対象を選ぶのはリスクが大きいと考えられます。

リスク回避の方法と2chの情報

投資のリスク回避は主に情報取得の量で決まるとも言われてます。
投資については情報が提供されるのが前提ですが、事業によって情報量がかなり異なります。

インターネットで投資家を募る投資手法であってもあまり情報を後悔しない投資会社もあります。
投資に慣れていないと投資会社が大丈夫だというから投資するという方もいるようですが、
とても危険です。リスクを回避するには自分で投資先をチェックしなくてはなりません。
しかし、投資事業は種類が多すぎてチェックしきれません。

そこで利用する方が増えているのが2chです。

2chは匿名掲示板であり、情報が集まりやすいです。もちろん、怪しい情報も多数ありますが、
その中でも投資については信憑性が高い情報が集まりやすいと言われています。

実際に投資した人の感想が出てくることが多いのも特徴です。
実名で書き込む必要が無いので実績を書き込む方も少なくありません。
インサイダーな情報はありませんが、過去の実績を確認する場、
また、これからの投資先を選ぶ場合には重要な情報源となりえます。

リスクを抑えた投資の方法

ソーシャルレンディングでリスクを抑えるには元本保証された投資案件を選ぶのがいいのですが、
利回りが少ないのがネックです。

そこでリスクを回避しながら利回りを得る方法として不動産投資が注目されています。
不動産投資も確実に儲かるということはありませんが、
物件の選択の仕方でほぼ成功率が決まるとも言われており、
経験の多い投資会社ならリスク回避の意味でも十分に選択できると考える方が多いです。

特に『クラウドクレジット』のように元本割れを起こしていない投資会社も増えてきており、
得意分野で投資事業を作っている企業は投資しやすいです。

投資についてはさまざまな案件があります。
中小企業の社債であったり、貸付であったりと投資会社が審査がしやすい案件から
海外事業のように現地に支社を作らないと判断しづらいものまで多数の種類があります。

それぞれ過去の実績から判断することになるのですが、
投資会社によって調査方法が違うので注意が必要です。

また、情報公開範囲も違っていますので不安を感じたら投資を控えたり、
インターネット上の情報をさらに調べるなども必要になってきます。