ソーシャルレンディングおススメ会社

2chでよく話題になるソーシャルレンディングの「繰上げ返済」の仕組みとは

2chなどでソーシャルレンディングの「繰り上げ返済」が話題になっています。
例えば借主が3年で300万円返済する予定を、早めに完済するということです。

不動産案件であれば、思ったより早く売れれば繰り上げて返済することが可能なのです。
借り手にとっては利息として支払う分がお得になりますが、
投資家にはどんなメリットがあるのか見てみましょう。

「繰り上げ返済」のメリット

ソーシャルレンディングで投資を行う場合、高利回りを期して投資を行う人がほとんどですが、
貸した事業者が貸し倒れしてしまう可能性がないとは言えません。

『クラウドクレジット』の仕組みとしては、
事業主などが保証人として設定されているので安心できますが、
世界情勢も関係するような事業の場合、いつ何が起こっても不思議ではありません。

そう考えると、「繰り上げ返済」がされた場合、
返済があった時点で貸し倒れの心配をする必要がなくなります。

そして、思ったより早く元本が返済されることで、
次の投資案件にまわすことができるというのもメリットのひとつです。

気になる他の案件があったり、狙っている投資案件を見つけたり、
別に自己資金を必要としていたり、さらに利回りのいい投資案件があるようであれば、
乗り換えも可能です。

新しい投資案件がどんどん募集されるので、
常にチェックしておくことで「繰り上げ返済」で戻ってきた資本を有効に使うことができます。

返済を受け取ったあとに再投資することで、どんどん資産を増やすことになるのです。

「繰り上げ返済」のデメリット

ソーシャルレンディングで投資した案件が「繰り上げ返済」となった場合、
運用期間が短くなるわけなので、思っていた恩恵が得られません。

元本は無事に戻ってきますが、
予定した利息をまるまるいただくことはできなくなるからです。

そして、返済通知を受け取ってから、返ってくるまでの間、
数日を要するので、その間は次の投資にまわすことも不可能です。

これは仕方ありませんが、
その間に、返済された案件よりもいい利回りの投資案件がない場合、
損した気持ちになるかもしれませんが、
元本が戻ってきたということにポイントをおきたいものです。

利率は一過性の化膿性もあるので、
都合よく再投資先が見つかるのを願うしかありません。

そして、投資案件を見つけて、実際にエントリーするのは面倒という人もいるでしょう。

投資したら時間経過を待つのみ、という人で、
資本を再投資するエントリーが面倒という人にはデメリットと感じるでしょう。

戻ってこないより無事に元本が戻ってきて、利息もいくらか入ってくるのですから、
いいように考えたほうがいいでしょう。

ソーシャルレンディングの仕組み

ソーシャルレンディングは、投資する人が、インターネットを通して、
クラウドファンディングの運営会社が扱う投資案件に投資を行うという仕組みになっています。

資金を必要としている企業や個人は、運営会社が厳密な調査を行い、
安全で貸し倒れがないように事業主や不動産などの保証をつけている場合がほとんどです。

『クラウドクレジット』では、資金を調達したいとエントリーしている事業に関して、
しっかりとした調査を行っていて、安心案件ばかりです。

事業資金を必要としている企業にとっては、
銀行よりも低金利で借りることができて、

投資家にとっては、その案件の良しあしを運営会社が行い、
更にネット上で詳細を吟味することができるのと、
銀行などの組織を通していないので高利回りが期待できてメリットがたくさんあります。

少額から投資できるので、
大きな投資をする前の練習としてみたり、
少額資金しかないけど運用したいという人には
うってつけの商品といえるでしょう。

2chなどで利用した人が、
想定外のことがおこった場合について話題になっていますが、
前にあげたようなメリット、デメリットを把握することで堅実な投資が楽しめます。