ネット上の評判

2chでも知りたい人が多いソーシャルレンディングの「良い案件」ってどんな案件?

クラウドファンディングの一つで、現在最も注目されている
投資手法の一つにソーシャルレンディングがあります。
ソーシャルレンディングとはお金を借りたい人(企業)と貸したい人とをネットで繋ぐサービスで、
特徴として手数料が安く高い利回りで運営する事ができます。

ソーシャルレンディングが高リターンな背景には、
ネット(クラウド)での運営を行っているため、運営コストが極端に抑えられ、
借り手、貸し手双方にメリットが出る仕組みとなっていることがあります。
あの日本最大手の掲示板、2chでも語られている良い案件と、
その見分け方について解説していきます。

ソーシャルレンディングの案件

はじめにソーシャルレンディングの市場規模について触れたいと思います。
クラウドファンディング市場は成長の一途を辿っており、近年では4倍の規模へと成長してます。
その中で8割を占める取引をされているのがソーシャルレンディングになります。
次に投資方法ですが、ネットからアカウント登録を行い、案件毎に投資を行うやり方が主流となっています。

メリットとして、少額投資が可能である事、高利回りが規定できる事、運用が安定しており、
元本割れのリスクが少ない事があります。
そんなソーシャルレンディングは、投資の中では全体的なメリットが多い事が
市場規模を拡大させている背景にあるようですが、投資ですので当然リスクも存在します。

途中解約が出来ない事、元本保証が無い事、
利回りはあくまで予定のため確定ではない事などがあります。

しかしどの投資を見てもリスクは存在しているものです。
あまりにも多大なリスクであればここまでの市場成長率には繋がっていないでしょう。
リスクを踏まえても、メリットのほうが大きいと判断される方が多いようです。
そんなソーシャルレンディングの案件は運営会社によって異なり、不動産投資から、
海外の個人事業主の開拓資金への投資などといった様々な特徴があります。

投資という意味では大きな違いは無いのですが、
運営会社や案件毎で保証の有無や利回りの率、手数料等に違いがあります。
現在の運営会社の利回り率は6%~14%程度、手数料は無料~2%程度となっています。
どの会社を選び、どの案件に投資するかがポイントとなるようで、
2chでも多くの方の意見が飛び交っているようです。

ソーシャルレンディングの良い案件とそうでない案件の見分け方

実際にクラウドファンディングを始められた際、
大事なのが運営会社の選び方と良い案件の見分け方になります。

各運営会社は基本的に手数料や運営方法、案件をホームページ上に公開しています。

運営会社の案件一覧にアクセス頂くと主に案件名、予想利回り、投資期間、募集金額、
最小募集金額等の情報が確認できます。

案件名では、個人名や企業名は伏せてありますが、紹介出来る範囲での情報が記載されています。
ここで確認しておきたいのが、どこまで具体的な情報が記載されているかです。

担保設定してある有価証券の金額、事業主の背景、担当のコメント等、
投資者に対しどれだけの情報を与えてくれているかの確認が必要になります。
次に予想利回りです。

一般的に、投資期間が短ければ借り手の利息支払いも短くなり利回りは低くなります。

逆に投資期間が長くなれば利回りは大きくなります。
また投資期間が長くなれば、利回りの率も予測が難しくなり
6%~14%などといった記載になっています。

この利回りですが、銀行の定期預金と比較してみると高配当になっている事が分かります。
銀行の定期預金では、0.03%程度に対し6%の利回り設定となりますので
いかに高配当かが分かります。

また案件全体の募集金額と最小募集金額も確認すべきポイントとなります。
このように案件毎で特徴があり、中身もそれぞれ異なっています。
出来るだけ詳しく、分かりやすく記載している運営会社と良い案件を選択し、
多くの情報を比較する見分け方が良い案件の発掘に繋がります。

現在おすすめの会社は?

様々な運営会社が存在し、多種多様な案件が存在する事を紹介してきました。
また運営会社のサービスにもそれぞれ特徴があり、見分け方も重要です。
最小投資金額や配当期間、目標利回り率やキャンペーンなど、
その中で注目の会社は『クラウドクレジット』になります。

『クラウドクレジット』では平均利回りは7%を超え、目標利回り12%、
最大利回りは14%に達していますので高い配当が期待できます。
また全ての案件に対し、動産/不動産の担保が設定されていますので安心して取引できますし、
積極的なキャッシュバックキャンペーンを開催していますので、
配当以外でも貸し手側への還元を行っています。

案件も数多く存在し、最小1ヶ月から最大で36ヶ月まで、
業種も中小企業への投資から不動産開発までと多数の中から選択できます。
また案件に対して、担保としている有価証券や代表者保証、連帯保証の情報や、
借り手側の運営地域等、出来うる限りの情報を公開しています。

担当者のコメントで信頼度を確認する事もできます。
また元本割れ0件への保全取組を行う等より安心、
安全に投資できるような取り組みも行っています。

長期間の投資であっても、毎月配当金を分配してくれる事も魅力の一つです。
業界として成長を遂げ、今後更に期待できるクラウドファンディング市場なので、
これから投資を始められる方、興味のある方はソーシャルレンディングへの投資をおすすめし、
その中でも高い利回り、安心、安全への取り組み、借り手側へ最大限の還元を行っている
『クラウドクレジット』を利用される事をおすすめします。