ソーシャルレンディング初心者向け

ソーシャルレンディングの2つのリターン

ソーシャルレンディングは気軽に始められる投資としても、
社会的に意味のある投資としても注目されています。

もともと銀行や大手投資家からの資金援助が得られないが、
社会的に意義のある事業へ融資するために開発されています。

投資の手法として優れていることからさまざまな分野の投資に利用されており、
大きな利益を出してきています。

 

ソーシャルレンディングの方法

この投資の方法は融資を受けたい事業主と、
出資者をインターネットで結びつける会社が商品として提供しています。

出資者はインターネットで商品を見つけて投資することになります。

 

投資の場合、リターンは利益になりますが、
この投資の場合は社会的な意義についてもリターンを得られます。

出資することで人々の生活がよくなることが多く、新興国などでは多くの実績が出ています。

 

一般的な投資の場合は利子の配分方法が分かりやすいのが特徴です。

従来の投資では出資額に応じて利子の配分がされますが、
ソーシャルレンディングでは平等に一定の利子の配分が決まります。

 

商品ごとに利回りが設定され、少額出資でも大規模な出資でも可能です。
また、分配金は毎月支払われ、契約期間が終われば元本が返金されます。

ただし、契約期間中であっても融資先が一括返済した場合は分配金が再計算され、
契約以下の分配金となることもありますので注意が必要です。

多くの場合、運用期間通りに運用されることが多いので、
定期収入として考える方が多い投資の方法でもあります。

 

どのソーシャルレンディングを選ぶか

自由な商品設定が魅力の投資方法でもあるのですが、
あまりに多い提供会社の量に選択できずにいる方も多いようです。

そこでどの企業を選ぶかについて口コミ等を考慮して検討してみます。

 

選択する際にもっとも重視する方が多いのが安定性と言われています。
投資において安定性はとてもむずかしい指標ですが、
不動産投資や社債などを商品化する企業の商品がよく選ばれています。

また、『クラウドクレジット』のように不動産担保を必ず設定する商品もあり、
安定して定期的な収入を得られると好評です。

 

次に注目されるのが手数料です。
取引には手数料がかかることが多いです。
特に契約時や分配金にかかることが多いのですが、この点についてもかからない企業があります。

 

3つめはシステムです。

ウェブから申し込むことが多いのですが、
使い勝手の悪いシステムを利用する企業が少なくありません。

商品をチェックするにも、
契約後に運用益を確認する場合もシステムを利用することになりますので、
出資者に使い勝手の良いシステムを提供する『クラウドクレジット』のような企業を選びたいものです。

 

クラウドクレジットを利用した投資

この企業はインターネット上の口コミなどを調べても、
よく名前が出てくる企業の一つです。

口コミによると使い勝手がよい、
不動産投資を中心とした商品展開、手数料無料がうれしいなどの意見が多くありました。

 

特に不動産投資について言及する方が多いです。
この企業の場合、不動産投資を中心に商品を展開していますが、
かなり古くから商品を開発して運用もうまくいっています。

不動産投資の場合、担保を設定しない企業もありますが、
この企業は必ず設定して運用時のリスクを減らしています。

 

特にこれまで元本割れが0件ということで実力が分かるというものです。
安定志向の商品開発が多い企業ですが、利回りは強気に設定されることが多くなっています。

これは長年の運用経験で融資先の調査がしっかり出来ているからです。
また、システムのアップデートがしっかり行われており、
情報がとても見やすくなっています。

 

システム面では手数料が無料化されているので利回り等の計算がしやすくなっています。
さらに運用期間が1ヶ月単位で設定できる点でも、他社より数段優れている商品が多いです。