ネット上の評判

ソーシャルレンディングの2chでの評価は?

ソーシャルレンディングの2chでの評価は高いです。

まとめサイトなどは広告収入が発生しているので、
必要以上に盛り立てる傾向がありますが、
多くの人がソーシャルレンディングの良さを書いているので、
特に宣伝などではなく実際にやってみたことを単に書いてそれが良かったというものです。

 

2chも人間が情報配信しているだけなので信用の判断は自分次第です。

 

不労所得を得るということ

今の時代は三種類の所得を得るべきと言われます。
一つは一般的な会社で働く所得です。
二つ目は個人で働いで得る所得です。
そして三つめは投資などの不労所得です。

 

一つ目の普通に働く所得は想像が容易でしょう。
だいたいの人は学校教育が終わるとほぼ自動的に就職活動をして会社に入ります。
これは所得の形態としてもっともなじみ深いです。

 

そして次は個人所得です。これは今はクラウドで個人でもネットで仕事を受注できます。
本業の知識などを活かしても良いですし、一から学んでいくこともできます。

 

会社よりは個人でやるので意志が必要で、
また単価も最初のうちは安いことも多いので
徐々に実力を高めていく必要があります。

しかし実力を高めれば会社員よりもダイレクトにお金に反映されやすいです。

 

三つめの不労所得に関しては、投資などです。
これは元手が必要な上に勉強時間も必要なので、
最初は手を出しにくいでしょう。

しかし、働いていないお金を得ることは誰しも一度は夢見たことがあるでしょうし、
努力次第で実現可能です。それについては後述します。

 

働いていないお金の得方

働いていないお金は勉強次第で短期間で得ることも可能です。

短期間というのは、勉強時間が短期間ということではなく、
しっかり勉強すれば投資を始めてから短期間で収益化できるということです。

 

投資はたしかにギャンブル的な側面もあるのですが、
チャートの読み方や経済状況の把握から勉強が土台にあります。
たしかにギャンブルのような部分もあるのですが、勉強が基本です。

よくパチンコや競馬と同じにする人がいるのですが、実際は違います。
これは違うというだけで、パチンコや競馬のギャンブルがダメだというわけではありません。

 

そしてソーシャルレンディングも投資の一種ではあるのですが、
ギャンブル性はもっとも薄いです。

ソーシャルレンディングを投資のようなものだというのであれば、
銀行預金も投資でしょう。たしかに元本保証はないのですが、
基本的にお金を預け入れて自由には出し入れできないけれど、
一定期間経過後に高い利子とともにお金が戻ってくるという感覚です。

 

こんなにお得なサービスになっているのは、日本ではまだ認知度が低いからです。

 

『クラウドクレジット』がおすすめ

『クラウドクレジット』は歴史の浅いソーシャルレンディングの中でも
特に歴史の浅い企業で2016年の4月にできた企業です。
しかし低リスク高利回りを実現できています。

それは、あとから参入したぶんファンドの選定に前例が多く、
ファンドマネージャーが勉強を怠らないからです。

 

実際、他の企業での先に融資していたけれど、
あとから融資した【クラウドクレジット】で、
先に金利と元本が入ってきたという事例も多いです。

 

またソーシャルレンディング全体として、
銀行に代わるあらたな金融市場を作るという期待も世界中でされています。

金融を日々研究している学者や評論家の間でもこの議論は積極的になされていて、
実際にこの流れはあります。
数十年後には銀行の代わりになっているでしょう。

銀行は今は貸し渋りや融資の審査基準も時代に見合っていないものであり、
また電子化も遅れています。

一番遅れているのは、お金そのものです。

 

電子決済がこれだけ進んでいるのにいまだに財布を持ち歩いて、
レジで物理的なお金を支払うのはもはや洗脳に近いです。