2ch での噂、評判

ソーシャルレンディングは2chを参考にしすぎると危険な理由

そもそも2chは不特定多数の人が匿名で書き込んでいるので、
半分疑って半分参考にするくらいのものです。
完全にそれを指標にするのは危険でしょう。
そしてそれは当然ソーシャルレンディングでも同じです。

 

いろいろなことが書き込まれていますが、当然すべて本当ではないでしょうし、
また事情も変わるので、今もそれが当てはまるとは限りません。

 

普通預金とソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは投資に近いのか普通預金に近いのか、
という話題になることが多いですが、システム的には投資ですが、
現状は普通預金に近いです。

 

元本保証はなく、お金が戻ってこないリスクも制度上はあるのですが、
実際に元本が戻ってこなかったケースはなく、
また利息分もきっちり支払われています。
遅れた事例はあるのですが、完全に戻ってこないことは今までにはないです。

 

このような現状を考えると預金に近いと言えるでしょう。
とはいっても、自由にいつでも引き出せるわけではないですし、
また元本が割れるリスクもないわけではありません。
そのことは意識しておく必要があり、余裕資金を融資するようにしてください。

 

万が一元本が戻ってこないと困る額を融資するのは危険です。

2chでは絶対に大丈夫だというような意見も多々ありますが、
これが嘘どうかということはわかりません。書いた人が悪意をもっていなくても、
もし貸し倒れすれば結果的に嘘を書いたことになります。

2chに限らず人間の意見はそういうものです。確実な保証はどこにもありません。

 

お金を自分で稼ぐということ

日本では基本的に高校や大学を卒業してそのままほぼエスカレーター式に就職します。

就職は自分で決めるものだからエスカレーターではないと思うかもしれませんが、
どこの企業を選ぶかということではなく、
そもそも就職活動をして就職するという流れが一般的だということです。

 

そしてそのまま会社員として収益を得ていく流れができています。
しかし、その流れが近年は大幅とは言わないまでも少しずつ変わってきています。

ネットの発展によって個人で稼ぐ選択肢が増えたためです。
最近は会社員をしながらでも副業でネットビジネスを行う人も多いです。
不景気だということも一要因かもしれません。

 

必ずしもどちらが良いということはないのですが、
選択肢を複数もっておくにこしたことはありません。

また会社はいつどうなるかということはわかりませんが、
個人での選択肢を模索しておけば自分次第ということになります。

逆に言えば個人での事業一本にすると、自分が倒れたりすると保証はないです。
そこで資産運用という選択肢が出てきます。ソーシャルレンディングもその一環です。

 

『みんなのクレジット』が人気の理由

ソーシャルレンディングでお金を増やそうとしても、
実際に投資するとなるとどこの会社を選べば良いのかわからないかもしれません。

今現在人気なのは、『みんなのクレジット』です。
2016年にできた新しい会社なのですが、すでに評判が良いです。

 

複数の会社を通して融資している人もいるのですが、
一番最後に融資したみんなのクレジットから一番最初に、
それも高い利回りでお金が入ってきたという声が相次いでいます。

多少の口コミなら嘘か本当かよくわからないのですが、
かなりの人数が書き込んでいるので信憑性も高いでしょう。

 

ネットで情報を見る際は、必ずしも多い意見が正しいとは限らないのですが、
多くの人が書き込んでいることは信用の基準にはなります。

みんなが勘違いする状況はあり得るのですが、みんが嘘をつくことはあまりないでしょう。

勘違いしている情報は、そう勘違いする要素があるのだなということで済むのですが、
意図的な嘘は悪意があるので敏感でいたいところです。

そしてこの悪質な嘘は多くの人が同じ嘘をつく可能性は低いのです。